見る側の環境に配慮

◎WEBページの見る側の環境に配慮する
最近では、高機能なパソコンが非常に安い値段で、手に入るため、フルカラーで高解像度の環境でWEBページを閲覧 している人が増えています。 しかしその一方で職場環境の制約などから古いパソ コンを利用している人たちは、解像度が低かったり色数が少ないなどの環境でアクセスしています。高解像度、フルカラ ーで表示できる ユーザーの場合、 低解像度や少ない色数の環境に対応し たコンテンツを表示させること は問題なくできます。 しかし高解像度、フルカラ ーを前提にした コンテンツを、低解像度で少ない色数 しか表示できない環境で表示させる と、ホームページが画面からはみ出し てしまったり色が変になるな ど、表示がおかしくなる可能性があります。つまり、色数や解像度の異なる環境での表示を意識したホームページ作りは、それだけで幅広いユーザーに 配慮 したホー ムペ ージ作 りにつながるのです。これはSEO対策でもサイトの作りに配慮するというとても大事なことです。

SEO対策に有効なWEBサイト制作は、ファイルを分けて軽くすることです。使う画像の解像度を軽く、CSSファイルとHTMLファイルを別にしてとにかくデータを軽くすることです。